HK_00225

出資者の皆様、クラブ会員の皆様、そして愛馬会法人ワラウカド及びクラブ法人フクキタルに関わる全ての方々に改めて、3/11 阪神4Rでのディープインラヴの素晴らしい勝利にお祝い申し上げます。

クラブ所属馬の中で最初にデビューした本馬が、ようやく手にした勝利は9馬身差という本当に素晴らしいものでした。特に出資して頂いた会員様には、ワラウカド / フクキタルを信じて本馬を愛馬として頂いた事がまずは報われた瞬間だったのではないかと思っており、もしそうであれば私も本当に嬉しく思います。

矢作調教師と今まで話し合いながら本馬の育成を進めてきましたが、昨年2歳馬でのデビューを考えていた中で最終的に機が熟すまでもう少し時間を掛けようと判断しました。その間、皆様におかれましては本当にもどかしい時間を過ごされて来たかと思います。しかしながら、日曜のレースで本馬の活躍を見るにその判断が正しかったと思っており、またここまで忍耐強くお待ち頂いた事に心から感謝申し上げます。

クラブの基本的な方針として、「馬のタイミング」を重視して育成を心がけております。個々の能力・馬体特性、成長進度を調教師と見極めながらベストと思われるタイミングでレースを選んでおり、結果としてデビューまで時間を頂く場合もあることをこの場を借りてお伝えさせて頂きます。

ディープインラヴのこの後の予定ですが、まだ矢作調教師とはしっかりと話し合えてはいませんが、この後少しの休みを挟んで、青葉賞・プリンシパルステークス・京都新聞杯に向けた準備を進めて行く事となります。とはいえ、まだ未勝利を脱出したばかりの馬ですので、出馬投票をしても除外となる可能性も十分にありますが、そのいずれかのレースには何とか出たいと思っております。まずはしっかり準備を進めてレースに備えます。

ディープインラヴの次のレースと、そして次回も競馬場で皆様にお会いできる事を心から楽しみにしております。

ハリー・スウィーニィ より